« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

避難所生活その8〜食事事情

どこかの避難所で残飯をいっぱい出してるというクレームがあったそうだ。
今日も日中は出かける人が多く、残っている人は少ない。出かける際にはチェックしているので、お昼に何人残るかはだいたいわかる。
炊き出ししてくれる自衛隊に伝えて量を減らそうとしたら、自衛隊内でも調達は別の班でやっているらしく、食材が残って困るそうだ。
確かに150人分もの量だと前日中には準備が必要で、朝になって言われても間に合わない。万一足りなかったりすれば、そっちの方が問題だ。人が揃っている時は実際足りなかったこともありましたし。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

避難所生活その7〜怪しい奴ら

今朝玄関のロビーで片付けをしていると、若者が大量にある分別ゴミ箱の前で悩んでいます。親切に教えると珍しく会釈して出ていったので、私も漸く慣れてきたかなと喜んでいると、一緒に片付けしていた市の職員さんが「今の人パンを大量にカバンに詰めていきましたよ。」
そう言われるとパンの箱が1つ空になっています。そういえば見たことない顔です。
以前も夜中に廊下に積んだカップラーメンの箱を運びだしてる奴がおり、それ以来夜間は奥まった玄関のドアを開かないようにしたそうです。
雑誌では知ってましたがいるんですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

避難所生活その6〜親切の押売り

避難所には色々な支援物資や差し入れが持ち込まれますが、中には何だかなあ?というものもあります。
木製の仕切りを持ち込んだ業者は、自分が考案したんだとマスコミも連れ込んで、やたらパチパチ写真を撮っていました。追加もどうかという話に、12月になれば仮設住宅に入れるから結構と言うと大分残念そうでした。この人はやたら長くいました。
昨日は新潟市の果物屋が柿を大量に持ち込みました。これがまた自分のところで売れなくなったのでここに持ち込んだのではないかというひどい物。剥くのが大変な上、大量にゴミになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

避難所生活その5〜人気者

避難所の子供たちとやりたいと思い、カミさんからバルーンアートセットを借りてきました。でも子供たちは市の職員さんが声をかけてもシカトなんです。
しかも夕べは同行した伊藤君が動物作りにハマってしまい、風船をいくつも使ってしまいました。
その伊藤くんと今日思い切って声をかけると、子供たちは無事乗ってくれました。
おまけに、バルーン2日目の伊藤君の教え方がうまいこと! たちまち子供たちの人気者になり、残り少ない風船もあっという間に無くなってしまいました。
あとは肩の上まで乗っかられて大変だったそうですが

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

避難所生活その4

昨日からの避難勧告解除により今日は一時帰宅者が多く、日中の避難所は閑散としています。
今日は長野市のマッサージ師の方々が来られ、ボランティアでマッサージをしておられます。人が少なくてちょっともったいないです。私までやっていただきました。
長崎県の保健婦さんお2人は、29日までの8泊9日だそうです。新潟と長崎の間には2〜30府県くらいありそうですが、ホントに遠方から有難いことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

避難所生活その3

自衛隊の準備する今日の夕食はハヤシライス、因みに昨日は親子丼でした。私たちの仕事の中で一番忙しいのがこの食事の配給です。配給の時はお母さん方が手伝ってくださるのですが、お母さん方は盛りが良い。ご飯が先になくなってしまいました。
今日のもう一つの楽しみは、上方落語が出前に来てくれることです。4時半頃に機材が搬入され、7時半開演です。芸人さんは大阪「笑工房」の笑福亭松枝師匠、桂福車師匠、笑福亭喬若さんの3人でした。避難勧告解除もあって久しぶりに和んだ一日だったのではないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

間もなくその時間

今日は震災が起きてからちょうど1ヵ月。この避難所にも震災で亡くなられた方がおられるそうです。避難者全員で黙祷を捧げるとあって新潟日報やNHKなど多くの取材陣が入っています。5時56分、間もなくその時間を迎えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

避難所生活その2

蓬平地区は道路が一部復旧し、今日は午後1時に帰宅が許され、多くの人が出かけています。
この空き時間を利用して自衛隊が設置している仮設風呂に入ってきました。
大きな黒いテントの中は2つに仕切られ、手前が脱衣所になっており、籠が並んでいました。浴槽は詰めれば20人くらい入れそうな布製のお風呂です。お湯にはバスクリンが入っていました。両サイドに洗い場が設置してあり、リンス入シャンプーと炭のボディソープが置いてありました。隊員の方が湯加減をみてくれて感激でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

避難所生活

中越地震で大きな被害を受けた長岡市に支援に来ています。大きな体育館には蓬平地区の住民約150人ほどが避難生活を続けています。 体育館の隣接地には自衛隊が駐屯して食事の炊き出しとお風呂を用意していただいています。保健婦さんは長崎県から、昨日巡回してこられた精神科のドクターは鹿児島県から来られていました。
夕べは同行者と交替で夜起きていましたが、2塒40分頃に軽度の地震がありました。まだ余震が続く長岡市です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

トキプロ収穫祭

今日は久知河内の集落でトキ保護センター坂技師の講演後収穫祭が開催されました。餅つき、煮物、漬物、手打ちそばなど、ホントに心のこもったもてなしに参加者一同いたく感激した次第です。またおいしかったこと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今年3回目のトキプロ

ただ今佐渡汽船で移動中です。今年最後のトキプロ参加です。生椿でのビオトープづくりと明日は講演会が予定されています。天気はどんより重苦しい雲が垂れ込めています。作業中は降らないようにお願いしたいですね。
子どもたちは早くも他の参加者と仲良くなって談笑中です。たいしたもんだ。お父さんはこれから寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

逆境を切り拓く経営

前日本GM社長兼CEOの佐藤満氏の講演を聴く機会があった。今ある経営の不振を景気や人のせいにするな、売り上げが伸びないのはお客さまのニーズに合っていないせいであり、環境は常に変化しており、それについていけない会社は業績が落ちて当たり前。すべては社長自らの自己責任であり、自らを研き、やるべきことをやることが会社の発展につながる。
さすがに世界のトップレベルでやってきた人の話は説得力が違う。すごいエピソードをいっぱいお聞きしましたが、文字数の都合でこれまで。
その道の人の話をお聞きするのは良いことですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »