« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

佐渡のナラ枯れ問題の2

ナラ枯れの原因はカシノナガキクイムシという害虫が運ぶ病原菌です。この虫は菌の袋を背中に付けて運び、食入した樹内で増殖した菌を食べて成長します。
退治には害虫に対しては匂い物質(フェロモン)による誘引捕獲、菌に対しては殺菌剤の注入が効果があるそうですが、これだけで里山に生育するナラの木全部を救うのは到底無理なので、現実的には営巣木になる大きな木を薬で救って、それ以外は自然淘汰と再生に任せるしかないようです。
密生状態にあるナラが枯れ、下刈りをきっちりやれば、バランスの良い山林に戻るとのことでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

佐渡のナラ枯れ問題

新潟大学本間航介先生のトキのための営巣木の確保とナラ枯れ問題についてお話をお聞きしました。
現在トキの放鳥が予定されている小佐渡東部の里山は、営巣木にできそうな大きな松の木が少なく、昔、薪用に植えられたコナラやミズナラが人手の入らないまま密な状態で育っているのだそうです。そのため個々の木々は細く、本来ナラ類でも営巣木になるのですが、抜きんでた大きな木がない状態なのだそうです。
そこに2004年頃からナラ枯れが広がってきて、壊滅的な被害をもたらしつつあるのだそうです。(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今年度最後のトキプロジェクト

今年度最後のトキプロジェクト

1日目は久知河内集落奥の休耕田でビオトープ作りのお手伝いをやりました。水漏れしないよう耕うん機で練った泥を畦に塗る作業で、泥が飛び散って大変。
2日目は新潟大学本間先生のお話と餅つきと収穫祭でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

高龍神社

高龍神社

蓬平温泉の奥にあります。社までの階段が真っすぐで急なため、別にエレベーターが設置してあります。震災時にはこの階段も崩れたとか。
神社から続く急斜面では、今朝も早くから工事を行っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

蓬平温泉街の朝

蓬平温泉街の朝

福引屋さんの6階から眺めた温泉街です。一番奥に見えるのが和泉屋さんです。震災前にチビブーと泊まった時みなさんから優しく声を掛けてもらいました。
長岡の奥座敷として頑張って欲しい温泉街です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

蓬平温泉 福引屋

蓬平温泉  福引屋

震災復興なった蓬莱館福引屋さんです。
名前の由来どおり、宴会後に福引き抽選会が行われます。箱の中からスポンジ玉3個を取出し、赤玉の数で賞が決まります。
1等はお米1俵ですが、なかなか当たらないのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

檜枝岐村新そば祭りの2

檜枝岐村新そば祭りの2

入浴を済ませて会場に向かうと、体育館のような所に約500席が用意され、サイドには地場の山人(やもーど)料理が並びます。普通に山椒魚のフライなどあるところが檜枝岐です。肝心のそばも大変美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

檜枝岐村新そば祭り

檜枝岐村新そば祭り

この土日に職場の旅行で福島県の檜枝岐温泉に行ってきました。職員が40数名いるのに、全員に声をかけて参加者はたった3人です。
村ではちょうど新そば祭りの日、会費3,500円で2時間食べ放題。即参加です。つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

大荒れの顛末

昨日の帰宅は、結局9時を過ぎていました。6時発の高速バスに乗り込んで間もなく、暴風警報解除のニュース。これですぐ電車が動けばそっちが早かったかな、と思いましたが、バスは何の問題もなく7時30分には新潟駅到着。
すぐ44分発の電車があってラッキーと乗り込みました。ところがこの電車、一向に出発しない。15分おきに車掌がただ今出発準備中と言うばかり。発車時刻から45分過ぎてようやく設備の故障で出発のメドがたたないとの案内。結局1時間5分遅れで発車しました。
そして、今朝いつも7両の電車が3両でやってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

大荒れ

今日のお昼くらいから新潟地域は大荒れになっています。
今日は早く仕事を終えたので、早く帰れるぞと駅まで来てみれば、大勢の人が右往左往。在来線は全面ストップの有様。大雪以外ではめずらしいことです。
こうなるとJRからはいつ再開なんて情報は一切出てこない。仕方ないので高速バスで新潟まで出て、電車に乗り継いで帰ります。今日は帰宅するまでくたびれそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

新米いただきました。

農家の皆さんは前年産の米がなくなるまで新米を食べないという話をお聞きしますが、我が家は前年産があるにもかかわらず新米を戴いてしまいました。
新米を戴くときは、我が家の恒例でおにぎりにして戴きます。子供たちにご飯本来のおいしさを知ってもらおうと、大皿にご飯だけ盛り付けて自分で握ってもらっています。最初はご飯だけ食べてもらってその後はシャケ、筋子、梅干しなど自由にトッピングです。
いつも2合炊いて余る我が家もこの日は3合でも間に合いません。
今年の新米は長岡のグリーンファーム・ナカムラさんの物。御馳走様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

新津親林プログラム

新津親林プログラム

11月4日、親林プログラムの4回目(今年度最後)が開催されました。
今回は森の幸のバーベQという触れ込みですが、実際利用したのは炭くらい。でも、森の中で食べること自体が大きな幸を戴いていますね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

ハロウィーン

昨日電車で帰宅中、途中駅で高校生の男女が乗ってきて斜め向かいのボックスに向かい合わせに座った。男子の方はスポーツ刈りで、ボクから見える。アディダスのバッグをどかっと座席に投げ出した。かなり大きな声で話をしていて、ボクの前の座席のオジサンは気になるのか、そちらをちらちら見ている。
今日はハロウィーンだよね。カボチャ箸で割って良い? 女の子が聞いている。二人でコロッケを半分こして食べていた。
ガンバロ・・、何に頑張るかわからないが女の子のつぶやきが聞こえた。ガンバレ、心の中でちょっと応援した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »