« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

悲しい一日

元同僚の奥さんが亡くなられ、通夜に行ってきた。奥さんとも仕事上の親交があって、明るく、元気な女性で、独身仲間にはアイドル的な存在だった。彼も良い男で、結婚することになった時は、彼女は男を見る目があった、と仲間内の話題になったものである。
入り口に立つ彼に、頑張れよ、と声をかけて式場に入った。でも、喪主挨拶で彼が経緯を話してくれたが、もう何年も家族一丸となって病魔との闘いに挑んでいた。彼はもう既に相当頑張っていたのである。事情を何も知らない安易な言葉であった。ごめん。
立ち去る時、お姉ちゃんは従姉妹と元気に遊び、幼い妹が彼の胸にしっかりしがみついていた。
心より御冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

避ける!

避ける!
通勤途上、園芸店の柵越しに園芸植物がこんもり枝を広げている。
下からにょきにょき伸びてきたビロウドモウズイカ。見事にこれを避けてカーブを描いて伸びていた。

ビロウドモウズイカはヨーロッパ原産の帰化植物。通常はぐんぐん茎が伸びて先端付近に黄色い花をポツポツ付け、まるで受粉不良か食べかけのトウモロコシのようである。「モウズイカ」とは、「ひげの生えている者」という意味とか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

試験真っ盛り

この時期、中間試験だろうか? 電車内で高校生が賑やかだ。今日のテストは歴史らしい。
「寢殿造りって、ねむるに、どのに、ぞうのつくるだよねえ。」、「律令制度下の農民の苦しい生活を詠んだうた、だって。そんなうた、おぼえたくねー!」、「チンギス・ハン? ジンギスカンと間違って覚えそうだ」、「こっちはエビフライだぞ。」
私も何十年か振りに歴史の勉強をさせてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

片野尾でビオトープ作り

片野尾でビオトープ作り
23日は片野尾地区でビオトープ畦畔の草刈り作業を行いました。
エンジン式の草刈り機が唸りをあげると、他の音が耳に入らなくなり、無我の境地で作業に没頭できます。
ビオトープにかかる木々の枝にモリアオガエルの卵が、多数産み付けられていました。でも、今年は水不足で、田んぼの水が優先され、ビオトープにはほとんど水が溜まってなかった。オタマジャクシはどうなるの?

24日は、有機栽培の田んぼの草取り作業。消費者は「みんな無農薬で有機にすれば良いじゃん。」と簡単に言うけど、有機栽培はとにかく大変。広い田んぼを這いつくばっての草取り作業です。この日も片道25メートル、往復50メートルほどの田んぼを3~4列の稲株の間を手で除草して歩き、行って戻って往復で2時間、20人ほどの人員で田んぼ1枚終わりませんでした。その程度の作業でも、足腰が痛くなります。手に付いた泥臭さも石けんで洗ってもなかなか落ちません。有機栽培ってのは手作業が主体になるので、とにかく大変なんですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ブリ漬け丼

ブリ漬け丼
週末、今年3回目のトキプロ参加で佐渡にお邪魔した。
フェリーが着岸して集合までの時間が55分。子連れで食事に時間がかかる時に重宝するのが両津港ターミナルの食堂。早い。お薦めはブリ漬け丼900円。

| | コメント (9) | トラックバック (0)
|

にいつ食の陣

にいつ食の陣
何とかの陣というのは、今どきの流行らしい。新潟県全域を挙げての食の陣、酒の陣といったものが、毎年3月頃、朱鷺メッセを会場に開催されているが、私の住む新津でも今年から始めた。
新津の場合は、どこかでまとまって何か食べさせようというものでなく、個々の店舗でメニューや料金に工夫を凝らしている。なので、配布されているパンフレットを見ないと、どこで何をやっているのか全くわからない。先日もあるお店でラーメンを食べたらバカに安くて、後で分かったことだが、その店ではこのフェアのためにその種類のラーメンが半額になっていたのである。店の中にもどこにも書いてないんだもんなあ。
こんなお楽しみのある「にいつ食の陣」は、各店舗で6月いっぱいまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

母校

今日は母校で会議があった。20年以上の歳月を経て学び舎はくたびれていたが(でも手入れもしているのだろう。思ったほどではない)、周辺の変わりようには驚いた。
郵便局の位置は変わりなかったが、飲食店やアパートが随分変わっていた。昔みんなで飲んだ溜り場の店がなくなっていた一方、まだ続いている店もあった。店の姿そのままで看板だけ書き変わっている所もあった。
学食の近くでは構内にローソンを建設中だった。学食前で女子学生がさっとビラを差し出した。20年前の僕だったら受け取ったけど、今日の僕は受け取れなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

国内の野生カエルでツボカビ発生

国内の野生カエルでツボカビ発生
神奈川のウシガエル4匹にツボカビが感染しているのが発見された。
昨年12月に輸入カエルの感染が確認され、広がらないよう祈っていたのに残念だ。
致死率90%以上。国際間で生物を移動させちゃダメなんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

バイオエタノールが環境を破壊

バイオエタノールが環境を破壊
このところのバイオ燃料ブームに沸く世界であるが、どうも胡散臭いと思っていたらやっぱりだ。
ブラジルではサトウキビと大豆作付けのため、5年で北海道2つ分の森林が消えたそうだ。おまけにサトウキビの収穫時には、収穫しやすくするために畑に火を付けて、二酸化炭素をガンガン放出しているとのこと。何のためのバイオ燃料なのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

コウモリ飼った?

「トカゲやカナヘビは好きだなー。ヤモリ、イモリも。」朝の混雑する電車の中、後ろの方から生きものについて話しているのが耳に入った。大学生とおぼしきうら若き女性が2人で話している。
「ヘビはダメだなー、足がないやつは。どうやって進んでるかわからない時点でダメだよねー。」「あたし、小さい頃コウモリ飼ってたよ。」「へえー。」電車は私が降りる駅へ到着。
コウモリ、どうやって飼っていたんだろう? 聞いてみたかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

表参道新潟館ネスパス

表参道新潟館ネスパス
最近農業新聞に取り上げられていたので、東京出張の折寄ってみた。
お土産屋が1階に移って広くなり、地階に食堂があり賑わっていた。隣の席のおじさんが、ご飯の追加はいくらだね? と店員に聞いていた。飯がうまいんだという話し声も耳に入った。魚沼米を使っています、とメニューに書いてあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »