« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

終わってました、千竜桜

終わってました、千竜桜
終わってました、千竜桜
佐渡で最も遅くに開花する桜、妙見山の千竜桜です。

5月15日に「満開だよ」という情報をもらっていたのですが、実際、見に行けたのが5月21日。やっぱり散ってしまっていました。

でも、最後まで雪の下に埋まっていたのでしょう。下枝の一部にはまだきれいな花が残っていました。

また、来年を楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

見てきました、金環日食

見てきました、金環日食
見てきました、金環日食
見てきました、金環日食
今朝の金環日食は群馬県の川場村にある道の駅で見てきました。金環になるかならないかのちょうど境界線のところに位置しています。

天気予報で南ほど雲が広がるということと、あまり遠くまで行くのが面倒だったので、一応尾瀬の行き帰りで土地勘もあるし、ということで選びましたが、まあ何とか見えました。

我が家のチビブーも初の学校おサボり、初の車中泊にちょっと興奮気味かと思ったら、学校おサボりには随分抵抗感があった模様です(急いで帰って3時間目には間に合いました)。

日食は6時30分頃に始まり、7時35分頃、肉眼では無事にリングを確認できました。添付の写真ではわかりにくいですが、木漏れ日もリングになっています。

道の駅のミートショップのおじさんやSLホテルのフロントのおじさんには親切に村の情報を教えていただきましてありがとうございました。

ブーが登校を急ぐので最後まで見ず、8時くらいで引き上げましたが、まあ、良かったのかな。次は6月6日の金星日面通過でまた学校サボろうね、ブー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ワカモン

ワカモン
ちりめんじゃこの中にエビ、カニの仲間や異なる魚種が一緒に混じっているのは有名な話で、これらの混ざりものは奇抜な形態をしていることからちりめんモンスター、略してチリモンと呼ばれている。

最近はちりめんじゃこの選別が良くなって、これらの混じり物が少なくなり、探す面白味が消えつつあるが、わざわざチリモンの混じったちりめんじゃこを販売している業者もあるから侮れない。

さて、佐渡では今、スーパーで生のワカメが売っている。でん!と入って1パック100円。天然ではないようだが、地場産とある。

我が家では、これを買ってきて、味噌汁に入れたり、湯通ししてポン酢で食べたりする。茶色いワカメが湯を通すと鮮やかな緑に変わるので心地よい。そして、結構一緒に甲殻類などが浮いてくる。写真はワレカラという生物らしい。素足で海に入ると足にガシッとしがみついてくるそうだ。他にもいろいろ。

最近のちりめんじゃこにはチリモンがあまり入っていないそうなので、暫くはこのワカモンで楽しんでみるのも良いかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ハムちゃん死去

娘が小学生のころから欲しがっていたハムスター。ようやく飼うことになって、雌のジャンガリアンが我が家に仲間入り。

でも結局、娘が世話しきれず、主にカミサンが面倒を見ていたが、5月13日の夜半に亡くなっているのが見つかった。

GW中は元気に檻をカリカリかじっていて、話には聞いていたけど、ホントに直前まで元気に動き回ってるんだね。

我が家に来てから約3年といったところでしょうか。娘は夜中に起きていてわかっていたんだけど、小学生の次男が朝涙を流しながらご飯を食べていた。

ハムちゃんの存在は、すごくやさしい気持ちを我が家に残していってくれた。合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

春のドンデン探訪

春のドンデン探訪
春のドンデン探訪
春のドンデン探訪
春のドンデン探訪
ドンデン山は花の山として知られています。5月13日、天気が良いので、ドンデン周辺を散策してきました。

ドンデン山荘に車を止めて、まずはドンデン池方面に。山荘から登り始めると直ぐに雪が残っていて、樹木の枝が被さって登山道は歩きにくい状況。でも、登ってしまうと、尻立山まではなだらかな草原が続きます。尻立山頂からは急な下りでドンデン池に到着。

途中、カタクリ、アマナ、エチゴキジムシロ、スミレ類などの花花が咲いていました。

ドンデン池は一部に雪が残っていて雪解け水が流れる音が聞こえます。カエルの卵が数多く産み付けられていましたが、池が徐々に縮小しているのか、干上がっているものもありました。

今日は金剛山方面に2時間くらい歩いて、また戻ってこようと思っていたので、さらに論天山、芝尻山まで行きました。

論天山まではなだらかな草原が続いて気持ちよく歩くことができました。また、ここまで金北山だけでなく反対側の金剛山や下界の両津湾、加茂湖などの景色を存分に楽しむことができ、他に人がいなくて静かな山でした。

しかし、ここから芝尻山までは林間の登山道で、雪も多く残っており、折れたり、倒れたりした枝が登山道を覆って大変歩きにくい上、登山道を示すピンクのリボンもわかりにくいところがあり、一般の方は入らないほうが良いような状況でした。まあ、他に人がいなかったし、この時期、大部分の人はドンデン〜金北山ルートなんでしょうけど。

ドンデン山荘に戻ると人が大勢いたので、やっぱり論天山はマイナーなルートなんですね。山荘の生ビールという貼り紙を横目に下山しました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

ジョン・カーター

ジョン・カーター
ウォルト・ディズニー生誕110年を記念する映画。ターザンで知られるエドガー・ライス・バロウズの作品で、原作は中学高校の頃に夢中で呼んだ。

残念なのは、日本版のタイトル。たぶん、「ジョン・カーター」で観ようと思うのは、原作を知ってる人だけではないか。原作のタイトルは「火星のプリンセス」とか火星シリーズとして知られているので、できればそれらを日本版タイトルに入れてほしかった。

映画自体はタルス・タルカスなどのサーク族がちょっとアニメっぽく、ヘリウムの装束が古代ローマっぽく、デジャー・ソリスが武部本一郎氏の挿し絵に似ずやっぱりたくましかったけど、昔ワクワクしながら呼んだ記憶を呼び起こしながら、楽しく観賞させていただきました。

原作は11巻まであるので、是非続きを作って欲しいですね。

| | コメント (37) | トラックバック (0)
|

ウルトラマン創世紀展

ウルトラマン創世紀展
ウルトラマン創世紀展
ウルトラマン創世紀展
新潟市新津美術館で開催中。
1回30日に行ったけど、駐車場満杯で混んでいるようだったので退散。再度3日に行ってきました。

当時撮影に使ったウルトラマンのスーツや道具類、怪獣や戦闘機のレプリカ、アイデア図、台本などが陳列されていて、なーんだってところもあるのですが、ウルトラQ、ウルトラマン、セブン、帰ってきたウルトラマン、エース、タロウ、レオ、80と続いた中に、ちゃんと当時の世相を反映した製作意図があり、人間ドラマもあることがわかって興味深く拝見しました。(私の愛したウルトラセブンというドラマもありましたっけ。)

まあ、ボクの覚えているのはセブンまでかな。一応、レオまでは見たような記憶はあるのですが。

ショップにはソフビ人形やピンズ、出版物などが並んでいて、等身大のカネゴンが10万5千円で売っていました。売れるのかな? 科特隊の流星ピンズと「光線禁止」などのステッカーを買ってきました。

新津美術館で6月24日まで開催。そのあとは手塚治虫展が開催されるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

海潮寺の御所桜

海潮寺の御所桜
海潮寺の御所桜
白花で一重の花と八重の花が入り交じるそう。

島内では開花の遅い方の桜で、先週はまだ早いと聞いていたのですが、このところの暑さのせいか、一気に進んで、さすがに今日5月2日は半分くらい散っていました。

場所は小木の町から宿根木に向かう途中で、矢島・経島に下っていく道に入ってすぐのところにあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

法条坊の種蒔き桜

法条坊の種蒔き桜
法条坊の種蒔き桜
法条坊の種蒔き桜
旧羽茂町の大崎にある桜の大木。品種はエドヒガンザクラとある。

今日、5月2日に見に行ったら既に散っていた。近くにあるそば屋のおばちゃんによると、2日前に散ったとのこと。すぐ近くで見るのも良いけど、川をはさんで対岸の道から見ると水の入った田面に逆さに映って素晴らしい。来年は咲いてるときに見たいな。

桜のいわれは、添付の紹介看板をご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

桜二題(写真添付を忘れてました)

桜二題(写真添付を忘れてました)
桜二題(写真添付を忘れてました)
桜二題(写真添付を忘れてました)
佐渡の桜も24日頃から満開になり、24日に椎泊の桜、25日に金山第三駐車場の桜を見に行ってきました。


椎泊の桜は、佐渡外周線のすぐ脇にあります。明るいうちに着いたので、先に近くにある神社に参拝してきました。

この神社、社は山の上にあって、ずっーーーと真っ直ぐの長く急な階段が続いていて、一気に登るとかなり息が切れます。階段の脇にも桜が花盛りで、耳元で蜂がブンブン唸っていました。神社の入り口には両側に狛犬がいますが、上の社殿のところにも両サイドからこっそりこちらを覗くように狛犬が鎮座していました。社殿の脇には能の舞台があり、境内にも大きな桜の樹がありました。

暗くなると、椎泊の桜のライトアップが始まりました。桜の樹は1本だけですが、樹冠が広く、大きな樹です。道路拡幅の際に切られるところだったものを地元の人たちの反対で残したそうです。ライトアップも地元の若い人たちで取り組んでいるそうです。

大きな樹ですが、樹齢は約60年。近所のおばあちゃんが自分が子供の頃植わったんだと言ってました。金井から来たと言ったら、遠くからよく来てくれたと、いろいろと教えていただきました。他にも次々と近所の方々がやって来られ、あいさつしたり、見栄えのする位置を教えていただいたりしました。桜が結ぶ縁といったところでしょうか、桜ってすごい。


次の日、25日は金山第三駐車場の桜を見に行きました。こちら、23日から30日までがライトアップ期間です。昨年もライトアップしているというので期間中に見に行ったら、明かりが点いていなかったという暗い思い出があります。今年は点いていました。

こちらは駐車場の周囲に2〜30本、道路沿いにもかなりの数の桜がありました。ちょっと山の中なので麓より開花が遅れるイメージがあるのですが、既に満開でした。駐車場なので、次々と車がやって来て、シートを広げて花見という人が誰もいなかったのはちょっと寂しかったですね。


佐渡島内まだまだ桜の銘木がありますので、できるだけ見て回りたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »