« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

喜昇堂

喜昇堂
僕の好きな佐和田にあるパン屋さん。いつも出来立てのパンでおいしいです。このたび店舗を改装してようやくパン屋さんらしくなりました。今までは、壁に「パン工房」と書いてあるだけで飾りがなく、その文字も「パソ工房」と読めるような字で、最初のうちは事務用品屋さんかと思ってました。

惣菜パンやピザパンも好きですが、クロワッサンの生地でカステラをくるみ、粉砂糖をかけたパンが一番人気です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

米ちゃん、愛ちゃん、おめでとう!

米ちゃん、愛ちゃん、おめでとう!
米ちゃん、愛ちゃん、おめでとう!
米ちゃん、愛ちゃん、おめでとう!
結婚おめでとう!
ブーともども参列させていただき、ありがとうございました。

米ちゃんとブーのポーズは「命」を表しているんだって。

同じ職場で愛を育んだお二人。
二人の趣味も一緒で「釣り」だそうです。佐渡に遊びに来るなら今のうちよ。


押し合わせに、違った、お幸せに!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

国立科学博物館に行ってきました!

国立科学博物館に行ってきました!
国立科学博物館に行ってきました!
友人の結婚式でブーと二人、久しぶりの東京です。

元素の好きなブーと「元素のふしぎ」展をやってる科博へ。元素も好きだけど、もっと好きな麹カビを見つけてご機嫌のブーです。

| | コメント (11) | トラックバック (0)
|

ブラックバス退治

ブラックバス退治
ブラックバス退治
ブラックバス退治
9月7・8日、佐渡島内の溜め池でブラックバスの駆除活動が行われた。この活動はSAVE JAPAN プロジェクトと称し、損保ジャパンの支援により全国で展開しているものだ。

1日目の旧畑野町にある岩田堤の駆除活動に参加してきた。主な作業は、水を抜いた堤のブラックバスやブルーギルを掻き集めて数や重さを計測した上で処分する、というものだが、実際はウェダーを着けた数人が堤に飛び込んで腰の上まで潜って悪戦苦闘し、他の人たちは周りから眺めるしかないという状況だ。

私が行った時には堤の水は大部分抜かれていて、バスを集めにかかっていた。この堤にはブルーギルはおらず、いたのはブラックバス、ウシガエルとそのおたま、ドジョウくらいだった。

ブラックバスも大きいものと小さいものが多数いたが、中間のサイズが極端に少なく、共食いをしているのではないかと考えられた。


作業中にお聞きした話では、昨年駆除を実施した堤に、既にブラックバスとブルーギルが放されて増えているとのことだ。放したのが本当なら立派な犯罪である。この場合、300万円以下の罰金とのこと。もっと周知が必要だと思う。

| | コメント (51) | トラックバック (0)
|

小木の七右衛門

小木の七右衛門
小木の七右衛門
小木の七右衛門
小木の中心通り沿いにあるそば屋さん。

この辺りのそばは、ザルそばなどではなく、茶漬け茶碗のような小型の丼のそばに汁がかかって出てきます。一杯五百円。

おかわりも同じサイズです。普通なら2杯、好きな人は3杯注文するとか。会計もわかりやすいです。

天井が高く梁の太い古民家でいただけます。神棚も立派でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

さんまの美味しい季節です

さんまの美味しい季節です
焼いたサンマはもちろん美味しいですが、新穂の長三郎でサンマのにぎりをいただきました。

肉厚で脂が乗っていてちょー美味しい。期間限定。今だけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

小木祭り

小木祭り
小木祭り
小木祭り
小木祭り
小木祭り
8月の終わり、29・30日に開催。29日には佐渡の夏祭りの最後を飾る花火大会も行われ、職場の有志で見に出掛けた。

小木の花火は三尺玉が2発あがり、打ち上げ時間も1時間という長さで、島内では一番の花火大会だ。

打ち上げ開始は8時からだが、7時30分頃に会場(アースセレブレーションのハーバーマーケットやった芝生広場)に着くと、トラックのステージの上で宇崎竜童のミニライブをやっていた。何でも、佐渡で2年に渡って撮影中の映画「飛べ!ダコタ」の主題歌の収録に来たのだとか。併せて佐渡の観光大使も仰せつかったそうで、奥様の阿木燿子さんも1曲披露していた。

会場に入る前に小木のメインストリートを見てきたが、ボンボリが灯って、大勢の人たちが歩いており、いつもの小木の風景と全く違っていた。店頭に大きな獅子頭を飾っている店もあり、木崎神社では鼓童と思われる集団が山車を中心に奇声をあげていた。

花火は8時丁度打ち上げ開始。みなさんの寄附でまかなっている花火のため、打ち上げ前にそれぞれ紹介があった。

次々あがる花火に拍手や歓声も。職場の女子が「わぁきれい」と言っている。こういう時ってカップルだと「君の方がきれいだ」とか言うんだろうな、とくだらないシチュエーションを思い起こしてしまい、我ながら可笑しい。

島の住民によれば、三尺玉は2年に1回打ち上げ失敗するとのこと。今年は2発とも無事にあがって良かったと思っていたら、丸く開かなかったのは失敗なんだって。そりゃ厳しい。

ラス前のスターマインは時間も長く圧巻。小木出身の社長さんが寄附してくださったそうだが、その額五百万円よ、と隣で見ていたおばちゃんが言っていた。


みんなで花火を楽しんだあと帰路へ。車が詰まっていて、佐渡で初めての大変な渋滞でした。

| | コメント (43) | トラックバック (0)
|

畑野の安寿天神祭

畑野の安寿天神祭
畑野の安寿天神祭
畑野の安寿天神祭
8月26日に開催。
佐渡は「安寿と厨子王」伝説のあるところ。祭りの名前はそこからだろうか?

車を農協の辺りの駐車場に置き、見に行く。市のサービスステーション前の特設ステージで芸能が披露され、周辺には夜店も多く立ち並んでいた(春に見に行ったあのお祭りのような感じじゃなくて良かった)。

鬼太鼓は近隣の5地区が参加。通常は鬼がそれぞれ2体いて、順番に舞うのが普通だが、小倉地区の鬼太鼓は2体の鬼が同時に舞うもので、舞い方も他の地区とは全然異なり、興味深かった。

この日、通りは1日歩行者天国となり、夜には美人画の描かれた灯籠が並んだ。暗くなるとやっぱり人通りはそんなでもなかったが、通り自体は華やかだった。

| | コメント (33) | トラックバック (0)
|

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »